平柳星宮神社でうなぎ御朱印をいただきました|栃木市

平柳星宮神社の御朱印
 
2020年6月15日。栃木県栃木市平柳町にある平柳星宮神社で御朱印をいただいてきました。平柳星宮神社の読み方は「ひらやなぎほしのみやじんじゃ」。うなぎの御朱印が人気の神社です。

御朱印の受付場所と受付時間

社務所
 
御朱印は社務所でいただけます。社務所の場所は、拝殿を正面に見て右側にあります。御朱印の受付時間は午前9時から午後4時半まで。

御朱印の種類と初穂料

御朱印の種類
 
御朱印は4種類。初穂料は、月ごとにデザインが異なる今月の御朱印が500円、うなぎのぼり御朱印は700円、三面御朱印は1,500円、疫病清祓御朱印が1,000円です。祭事で宮司さんが社務所に不在のときもありますので、手書きの御朱印を希望する場合は事前に電話をして確認をしたうえで参拝してください。電話番号は 0282-23-0795 です。

うなぎのぼり御朱印と今月の御朱印

のぼりうなぎ御朱印|平柳星宮神社
 
今回は、のぼりうなぎ御朱印と今月の御朱印をいただきました。上の写真は、うなぎのぼり御朱印。中央に朱色のうなぎが三匹描かれ、金文字で「うなぎのぼり」「福祥」と書かれています。眺めているだけで運気がうなぎのぼりに上がっていくような「気」が送られてきます。
 
今月の御朱印|平柳星宮神社
 
今月の御朱印もいただきました。参拝日は6月15日。今月は「露草」が描かれています。露草の別名は蛍草(ほたるぐさ)。新型コロナウイルス過で、重苦しい空気になっている 世の中が、少しずつ明るく照らされますようにとの祈りの気持ちが込められています。

御朱印帳と初穂料

御朱印帳
 
金文字でうなぎが描かれたオリジナル御朱印帳も販売しています。色は紺と白の二種類。初穂料は1,500円。朱印代は別途必要です。
 
平柳星宮神社の御朱印帳
 
御朱印帳がいっぱいになってしまったので、紺色の御朱印帳を一冊購入しました。
 
御朱印
 
まっさらな御朱印帳の一枚目に今月の御朱印(露草)、二枚目と三枚目に見開きのうなぎのぼり御朱印。これで私の人生も明るく照らされ、うなぎのぼりに運気が上昇していくこと間違いなし(笑)

おみくじ

おみくじ
 
通常のおみくじのほかに、うなぎの摑み取りみくじというのがありました。「おひとつ運をつかみどりください」と書かれています。初穂料は200円
 
うなぎの摑み取りみくじ
 
それでは、ひとつ運をつかみとってみるか、ということで、うなぎのつ摑み取りみくじを引いてきました。おみくじの結果は……秘密です(笑)。もっともおみくじは吉凶を占うものではなく、そのときの自分にいちばん必要な行動指針が神様からのメッセージ(ご神託)として書かれている、というものなので、ありがたく拝読いたしました。

由緒と御祭神

社殿
 
もともとは、現在の栃木市大町にありましたが、室町時代の中期・永享2年(1432年)に現在の場所に移転されました。御祭神は、経津主命(ふつぬしのみこと)磐裂命(いわさくのみこと)根裂命(ねさくのみこと)と、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)が合祀されています。
 
虚空蔵菩薩は、うなぎに乗って現われるという言い伝えがあることから、神様のお使い(神使=しんし)として、うなぎが崇められています。ちなみに、平柳星宮神社では、歴代の神職は、御祭神のお使いである鰻は食べないという風習を守り続けているそうです。

散策スポット

天狗ヒバと猿田彦大神
 
鳥居をくぐってすぐ左手に「猿田彦大神」(さるたびこのおおかみ)と刻まれた自然石型の石塔があります。猿田彦大神は天狗様(てんぐさま)とも呼ばれ、交通安全の神様として信仰されています。石塔のうしろにあるヒバの木は、天狗様(猿田彦大神)が宿るとされるご神木で、天狗ヒバと呼ばれています。
 
なでうなぎ
 
なでうなぎ。3匹のうなぎと自分の干支(えと)をなでながら身体健全・家内安全・事業繁栄をお祈りします。
 
六社
 
六社(ろくしゃ)。左から産泰神社(さんたいじんじゃ=子授け・安産・子育ての神様)血方神社(ちかたじんじゃ=知恵と学問の神様)稲荷神社(産業の神様)御祖神社(みおやじんじゃ=健脚健康の神様)大杉神社(病気治癒・縁結び・夫婦和合の神様)須賀神社(病気・苦しみ・不幸を祓って救いの手を差し伸べてくださる神様)
 
神楽殿
 
神楽殿(かぐらでん)。扁額(へんがく)には「神人和樂」(しんじんわらく)と書かれています。神人和楽とは、神と人が共に栄え、共に幸せになること。毎年、4月13日に神楽殿で行なわれる御神楽祭(おかぐらさい)では御神楽が奉納されます。
 
狛犬
 
拝殿前の狛犬は、どっしりと構え、威風堂々としています。造立は大正6年。台座には石工(いしく)清水政次朗の名が刻まれています。
 
狛犬のしっぽ
 
狛犬のしっぽも見事な文様。流れるような毛並みに石工の技が光ります。
 
相殿五社と白山神社
 
本殿の横手にあるのが相殿五社(あいでんごしゃ)と白山神社(はくさんじんじゃ)。写真右手の社が相殿五社。大国社(縁結びと病気治癒の神様)稲荷社(すべての産業の守り神)神明社(すべてを許し、お守りくださる神様)水神社(縁結びと病気治癒の神様)山神社(山の幸・野の幸の恵みの神様)。写真左手の二社が白山神社。御祭神は菊理媛命(くくりひめのみこと)。和と結びの中から新しいものを生成する女神です。

駐車場

駐車場
 
駐車場は鳥居前にあります。駐車スペースは、鳥居側から 4台分。他の場所は、契約駐車場になっていますので、車を駐めることはできません。駐車料金は無料。神社周辺への路上駐車は禁止です。

住所とアクセス

平柳星宮神社の住所は 〒328-0012 栃木県栃木市平柳町1-23-26 。車でのアクセスは、東北自動車道・栃木インターチェンジから約10分。電車の場合は、東武鉄道日光線・新栃木駅(西口)から徒歩約5分です。

地図


正確な場所や行き方は上記の地図(Googleマップ)で調べられます。車でお出かけのさいに道順や所要時間などを調べるのに便利です。

最新情報は Facebook で入手


 
平柳星宮神社では Facebook で情報を発信しています。季節限定の御朱印なども随時アップされています。電話番号は 0282-23-0795 。電話での問い合わせ時間は午前9時から午後4時半ごろまで。最新情報は Facebook で入手してください。

平柳星宮神社 公式 Facebook